くらし情報『「なんかイメージとちがう…」に傷ついても、自分でいたから出会えた人がいる』

2019年4月5日 20:45

「なんかイメージとちがう…」に傷ついても、自分でいたから出会えた人がいる

と怒られる学校文化に違和感を抱いていたし、「生意気な女子」に向けられる社会や男子からの視線に傷ついてきました。

例えば、恋に恋する時期をあまり経ることなく、重たい初恋を迎えてしまった私は、好きになった男の子に「女友達としては一番」と言われました。失恋の傷が癒えて、次に好きになった男の子からも、同様の台詞が返ってきました。

高校生の頃、「見た目が好みだから」という理由で私をデートに誘ってくれた男の子は、デートが終わってみると「なんか、イメージと全然ちがうんだね」と苦笑いしました。その笑みは意外性を楽しむものではなく、明らかに落胆の色が見えていたのです。外見から勝手に中身を想像され、勝手に失望されるということも、たくさんありました。彼らは「私」ではなく「女性という外見を持った私」を見ていたのです。

悩んでる私って「なんだかダッセェな」

彼らがオブラートに包んで言ったことの本質はこうです——男を立てず、自分の意見を持って議論しようとするような女は、自分の知っている“女”ではない。だから少しも「ちょうどよくない」。

「女なんだから少しは黙ってろ」

「お前が男だったらよかったのに」

「面白いけど、女としてはナシだよな笑」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.