くらし情報『「向いてないこと」から自分の道を決めてもいい。やりたいことがない貴女へ』

2019年4月11日 20:45

「向いてないこと」から自分の道を決めてもいい。やりたいことがない貴女へ

「やりたくないこと」から自分の夢を決めてもいい

——「自分には向いていない」「これはやりたくない」ということがわかるのも、自分を知る一つの方法なんですね。

ヨシタケ:「僕はこうなりたいんだ」という欲求が一番格好いいとされてるわけじゃないですか。そのために僕は頑張るんだって。そうすると、「こうなりたい」がない人がすごくコンプレックスを抱くわけですよね。肩身が狭いんですよ。夢を語れないことの申し訳なさ。

そのときに、やりたくないことなら勇気を持って言えるっていう。だから、やりたくないことから自分の夢を決めてもいいはずであって。

引き算で自分を決めていくというのは、あまり良くないイメージがあるけれど、現に僕はそうしてきたし、今楽しくやってるというかどうにかなってるわけで。引き算で、負の部分をいかに逆に持っていくか。やりたくないことを引いていって残ったことだけやる生き方が悪いわけじゃないはずなんですよね。

ヨシタケ:夢を持ってる人の光輝く陰で、ひっそりとしている居心地の良さもあるはずで。自分が感じてた肩身の狭さだったり、申し訳なさだったりは常に意識をしてるし、それをどう自分の中で楽しめるかどうかなんですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.