くらし情報『女性がなりやすいのは「切れ痔」 痔の種類と症状を専門女医に聞きました【前編】』

2019年4月11日 21:45

女性がなりやすいのは「切れ痔」 痔の種類と症状を専門女医に聞きました【前編】

目次

・肛門の内側と外側で区別するいぼ痔
・デスクワーカーはおしりに「血まめ」ができやすい
・女性がかかりやすい切れ痔
・生活習慣や薬で治らない痔ろう
女性がなりやすいのは「切れ痔」 痔の種類と症状を専門女医に聞きました【前編】

もしや痔かも!? おしりが痛みだしたものの、男性がなるものだと思い込んでいたこともあり、焦るわ、恥ずかしいわ、どうすればいいかわからないわ、と困ったことはありませんか。

大腸肛門病専門医で指導医でもある、大阪肛門科診療所(大阪市中央区)の佐々木みのり副院長によると、「痔を抱えている女性はとても多く、当院には高校生も通院されています。痔の種類や原因、女性が痔を発症しやすい事情やタイミングを理解してそうならないようにセルフケアをしましょう」とのことです。

今回は前編として、痔の種類と症状についてご紹介しましょう。

【関連記事】おしりがかゆいのはなぜ? 温水洗浄便座の正しい使い方

肛門の内側と外側で区別するいぼ痔

はじめに、「痔は、肛門に負担のかかるような排便習慣、生活習慣の結果できてしまった良性の病気です。代表的な種類としていぼ痔、切れ痔、痔ろうの3つがあります」と言う佐々木医師はまず、それぞれについて次のように説明をします。

いぼ痔(痔核・じかく)
肛門の周囲には、便やガスが漏れないように肛門を閉じるクッションの役割をする部分があります。そこに大きな負担がかかり、うっ血して腫れ、過剰に大きくなってしまったものがいぼ痔です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.