くらし情報『「自分とは関係ない」と思わないで。誰でも社会から孤立する可能性はある』

2019年4月12日 22:31

「自分とは関係ない」と思わないで。誰でも社会から孤立する可能性はある

目次

・虐待の連鎖が生まれる「機能不全家族」で起きていること
・児童虐待と夫婦間DVに見られる関係
・問題を自分ごと化するには自分の“加害者性”に向き合う
「自分とは関係ない」と思わないで。誰でも社会から孤立する可能性はある

目を覆い、耳を塞ぎたくなるような児童虐待のニュースが連日のように伝えられています。憤りと悲しみのなかで、「一体自分には何ができるんだろう?」と無力感を抱いた人も多いのではないでしょうか。

コラムニストの犬山紙子さんも、以前はただただ無力感に苛まれ、何も行動を起こせなかったと言います。「でもある時、コップのふちから水が溢れ出るように、気持ちを抑えられなくなりました。この罪悪感を抱えたまま生きていたら、きっと私は後悔すると」。

私たちひとりひとりにできることなんてたかが知れているかも知れません。でも、まず意識してほしいのは問題を“他人ごと化”しないこと。「こどものいのちはこどものもの」プロジェクトを立ち上げた犬山さんと、大森榎本クリニック精神保健福祉部長で精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さんが、児童虐待の本質に迫ります。

虐待の連鎖が生まれる「機能不全家族」で起きていること

犬山紙子さん(以下、犬山):虐待死の事件をニュースで見るたびに、「あんなにひどいことをする親はいっこくも早く厳罰に処してほしい」とずっと思っていました。でも「本当に虐待をなくすためには」と考えた時にもっともっと違うアプローチが必要だとわかってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.