くらし情報『「自分とは関係ない」と思わないで。誰でも社会から孤立する可能性はある』

2019年4月12日 22:31

「自分とは関係ない」と思わないで。誰でも社会から孤立する可能性はある

自分が児童虐待について取材をする立場になるまで、虐待をする親と私は全く無関係な存在として線引きをしてきたんですよね。

斉藤章佳さん(以下、斉藤):実態を知ると、虐待をする親って案外どこにでもいる普通の人が多いことがわかりますよね。

犬山:そうなんです。貧困や病気で、たまたま社会から孤立してしまっているような……。もちろん許されませんが、本当は子どものことを愛していたり、本気でしつけのつもりで虐待をしていたりするような場合もあって。

斉藤:また一方で見逃せないのが児童虐待の背景に「夫が妻にDVを行っている」というケースです。野田市の児童虐待死もそうでしたが、暴力の負の連鎖が、閉鎖的な家庭の中で起こってしまうというケースは非常に多い。

犬山:きっとあのお母さんは日常的にDVを受けていて、ある意味洗脳されたような状況で視野も狭くなっていたのではないかと思います。そう考えると、もっと早い段階で手を差し伸べられなかったのか、虐待の芽を摘むことはできなかったのか、と無力感に襲われてしまうのですが……。斉藤:確かに、誰もがそう思いますよね。ただ実は、それが困難だという状況は現場にいると正直感じます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.