くらし情報『「こころ」と「からだ」を一致させるために必要なこと【犬山紙子・斉藤章佳】』

2019年4月17日 20:45

「こころ」と「からだ」を一致させるために必要なこと【犬山紙子・斉藤章佳】

でもなんかちょっとやらかしてしまったり、誰かに余計な一言を言ってしまったり。そんなことが続いて、「自分ってダメだな」っていう感情が高まったときでしょうか。

斉藤:なるほど。死にたくなるほどツラい気持ちとか、やるせない感情に名前をつけると「死にたい」が近いということですね。でも私は「死にたい(ほどツラい)」って言えるコミュニティはすごく大事だと思いますよ。だって今の日本って、なかなかそういうことが許されないじゃないですか。つまずくことすら許容されない空気が蔓延している。

犬山:そうなんです。「死なないで」「そんなこと言わないで」って、すぐ間に受けて止められちゃう。いやいや、言うだけ言わせてほしい、みたいな。なんかこうやって話しているだけで、ちょっと涙が出てきました(苦笑)。

斉藤:子どもが「死にたい」って言うと、普通大人は止めますよね。でも本当は、「どうしてそういう気持ちになったの?」と聞いてもらいたいんですよ、子どもって。犬山:とてもよくわかります。

斉藤:周囲は言葉だけを捉えて「死ぬのは良くないことだ」とすぐに否定してしまうんですが、本当はその裏にあるメッセージをちゃんと聞かないとダメだと思うんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.