くらし情報『便秘やストレス、ガスで下腹が張る…セルフケアツボ3つ&ストレッチ【鍼灸師が教える】』

2019年5月13日 22:15

便秘やストレス、ガスで下腹が張る…セルフケアツボ3つ&ストレッチ【鍼灸師が教える】

目次

・女性は、腹圧、便秘、冷えで下腹が張りやすい
・ツボ「大巨」「大腸兪」「神門」の刺激と「コブラのポーズ」
便秘やストレス、ガスで下腹が張る…セルフケアツボ3つ&ストレッチ【鍼灸師が教える】

それほど食べすぎているわけではないのに、どうも下腹が張って不快感が続くといったことはありませんか。その原因や、自分でケアする方法について、鍼灸師で太子橋鍼灸整骨院(大阪府守口市)の丸尾啓輔院長に尋ねてみました。

<人気>夜遅ごはんの太りにくい食べ方は? 糖尿病専門医が教える12のポイント

女性は、腹圧、便秘、冷えで下腹が張りやすい

はじめに丸尾さんは、下腹が張る原因についてこう説明をします。

「便秘やストレス、偏食で、おなかにガスが溜まっていると考えられます。無理なダイエットや栄養のバランスが偏った食事、炭酸飲料を飲み続けているといったことはありませんか。

とくに女性は腹圧が弱い、便秘になりやすい、冷えやすいため、下腹が張る、おなかに鈍い痛みがあることは多いでしょう。それは消化の不調のサインだと察して、早めにケアをしてください。そのために、対応するツボを押して腸のぜん動運動や血流を促し、おなかの張りを改善しましょう」

ツボ「大巨」「大腸兪」「神門」の刺激と「コブラのポーズ」

では丸尾さんに、デスクワーク中でもできる下腹の張りを改善するツボを3つと、自宅でリラックスタイムに行いたいストレッチを伝授してもらいましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.