くらし情報『腹持ちがいいパンは? ふだん用のチーズは? NZのスーパーで発見した7つのこと』

2019年5月22日 15:20

腹持ちがいいパンは? ふだん用のチーズは? NZのスーパーで発見した7つのこと

ビニール袋に入ったものもありますが、基本は量り売りです。

「『野菜は生野菜で摂らないと!』と思うかもしれませんが、私は冬など野菜が高い時期は冷凍野菜を活用するよう勧めています。実は、採りたての野菜であればそのまま冷凍すれば栄養分をほとんど維持できるんです。生野菜でも流通の関係で遅れた場合は栄養分が減ってしまうことも。なので、生野菜にそれほどこだわらなくていいと思います」(エイミーさん、以下同)

2.普段用のチーズはエダムがオススメ

NZといえば酪農。乳製品が壁一面に広がっています。今、NZで成長中なのが、日本でも人気がある酪農系ではないミルク。豆乳、アーモンドミルク、ココナッツミルクです。

いろいろな種類のミルクがズラリ

「牛乳のようにタンパク質が入っているのは豆乳だけ」とエイミーさん。「豆乳以外は、わざわざ入れない限り、水を飲んでいるのと等しいので、買うときはタンパク質やカルシウムが入っているかを確認しましょう」
チーズを日常的に食べるならNZ産のエダムチーズがオススメだそう。「もともとはオランダのチーズですが、脂分が27%と、ほかのチーズに比べて低いんです。カッテージチーズも好き嫌いがあると思うのですが、タンパク質が非常に高くて脂分が非常に少ないのでオススメです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.