くらし情報『その貯金、いま必要? 浪費家のFPに聞く「老後資金を考えるタイミング」』

2019年5月21日 21:01

その貯金、いま必要? 浪費家のFPに聞く「老後資金を考えるタイミング」

目次

・老後資金のことを考えると瞳を閉じたくなります
・貯金に気を取られて選択肢を狭めないで
その貯金、いま必要? 浪費家のFPに聞く「老後資金を考えるタイミング」

そろそろ“ちゃんと”しなきゃと思うお金のコト。けれど、老後に必要なのは何千万円と言われてもピンとこない。そもそもそこまで貯めるのに何年かかるのかわからないし、自分のキャリアも安定とは言えない——。そもそも、お給料は趣味や美味しいものを食べるため、自分の暮らしを快適にするために「使いたい!」と思う人も少なくないのでは?

2019年3月に発売された『一生楽しく浪費するためのお金の話』(イースト・プレス)の著者のひとり、ファイナンシャルプランナーの篠田尚子(しのだ・しょうこ)さんは「使う人ほど貯められる」と話します。ウートピではその理由や、これからお金のことについて考えたいという人に向けてのアドバイスを全6回にわたって紹介します。

第2回は、「老後資金について考えるタイミング」について聞きました。

老後資金のことを考えると瞳を閉じたくなります

——一般的に老後資金には3000万円*は必要と言われますよね。けれど、自分の年収から逆算すると毎月何万円も貯金しないとこの金額にはならないとか、30代の貯金の平均はこれくらいだけど私は全然達していない……とか、お金に関する情報を目にするたびにネガティブな気持ちになってしまう人は少なくない気がします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.