くらし情報『イヤなことがあっても「いい顔」で家に帰るコツ【70歳の店長が教える】』

2019年5月22日 09:45

イヤなことがあっても「いい顔」で家に帰るコツ【70歳の店長が教える】

目次

・夫がアイロンがけしてくれるようになった
・仕事のグチは女子会で
・「店長70なんですか?ですって(笑)」
イヤなことがあっても「いい顔」で家に帰るコツ【70歳の店長が教える】

ベルギーで創業100年の歴史を誇る、老舗のショコラティエ「Mary(マリー)」が今年2月、「Madame Delluc(マダム ドリュック)」として京都祇園に日本第1号店をオープンしました。その店長を務めるのは、70歳の岡本和子(おかもと・かずこ)さんです。

“家事手伝い”を経て専業主婦になった岡本さんは、外で働いた経験はなかったものの、PTAの担当になった時に「もしかしたら、私、外で働くこともできるかも?」と思ったそうです。

後編は、マダム ドリュックの店長として働く現在のことについて聞きました。

店長の岡本和子さん

夫がアイロンがけしてくれるようになった

——店長の仕事について教えてください。まず、現在の勤務時間は?

岡本和子さん(以下、岡本):お店がオープンして間もないので、朝9時前にはお店に来て、19時の閉店後にレジ締めをして、20時ごろお店を出ます。最初は慣れないので21時ごろまでかかることもありましたが、だいぶ慣れてきました。

——朝から晩までですね。もしかして、それから家事を……?

岡本:いえいえ。もう夫婦ふたり暮らしですし、家事のことは大目に見てもらっています(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.