くらし情報『イヤなことがあっても「いい顔」で家に帰るコツ【70歳の店長が教える】』

2019年5月22日 09:45

イヤなことがあっても「いい顔」で家に帰るコツ【70歳の店長が教える】

手抜きをすることにはじめは罪悪感もありましたが、やっぱりフルタイムで仕事をしながら完璧に家事をこなすのは無理だとわかりました。開店時間があと1時間遅ければ、ちゃんとご飯の準備をして出かけられるとは思うのですけれど……。

——勤務開始時間がもう少し遅かったら、あれもこれもできるなと私もよく考えます(笑)。旦那さんが手伝ってくれることはありますか?

岡本:夫は家事をしない人でしたが、アイロンがけをしてくれるようになりました。いつも取り込んだ洗濯物が山のようになっていたのですが、ある日帰宅したらキレイに片付いていて。夫が「自分でアイロンをかけたよ」と言うんです。びっくりしたけど嬉しかったですね。

彼もまだ働いているのですが休みの日には車で送迎してくれたりもします。その様子を見た息子は「父親も丸くなったな」と言っていました。

——普段から岡本さんの頑張りを見ているから、応援したくなったのかもしれませんね。

岡本:どうでしょうね。あまりそういう話はしないのですが、朝からずっと働いているので体調のことを心配してくれているのだと思います。元気とはいえ70歳ですものね。

——そんなに忙しくされていて、体調の変化はありませんか?

岡本:健康ですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.