くらし情報『イヤなことがあっても「いい顔」で家に帰るコツ【70歳の店長が教える】』

2019年5月22日 09:45

イヤなことがあっても「いい顔」で家に帰るコツ【70歳の店長が教える】

でも、お仕事の悩みは共有しにくいのでは?

岡本:それが意外と、事業を立ち上げている人やお仕事をしている人がいるんです。「この歳になっても、イヤになることあるよね。いったい、いつ仕事を辞めたらいいのかしら」なんて話をすることもありますよ(笑)。美味しいお菓子やお茶をいただきながら「もー!」とか「つらいよね!」って言い合ってその場で発散しているんです。

——いい女子会ですね。

岡本:そのような場があるから、お家に帰っても職場でも「いい顔」ができるんです。お互いわーっと言い合って、その場だけで終わって、いい顔して帰ろうというのがお約束。年寄りになったせいか最近は前よりもずっと一方通行になりましたけど(笑)。それでも、彼女たちが何を言いたかったもわかるし、自分もすごくすっきりするんです。

「店長70なんですか?ですって(笑)」

——そういう友人が周りにいるのは心強いですね。店長という立場で働くといろいろあると思うのですが、働くうえでのルールはありますか?
岡本:高価なチョコレートを扱うお店なので、身なりを清潔に保ったり、言葉づかいに気を配ったり、それなりの品格を保つように心がけていますし、常にスタッフにも伝えています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.