くらし情報『タブー視されがちでも…。働き女子とオトナの動画について語ってみた』

2019年5月24日 21:45

タブー視されがちでも…。働き女子とオトナの動画について語ってみた

目次

・初めて観たのは中学生のとき
・『快感♥フレーズ』を回し読み
・AVとリアルなセックスは別
タブー視されがちでも…。働き女子とオトナの動画について語ってみた

女性向けのアダルトグッズやサービスが増え、セックスもオナニーも女性が肯定的に自分の性を楽しめるようになりつつある昨今ですが、AVっていったいどれくらいの人が観ているものなのでしょうか?

「やっぱり女性向けにつくられたAVが一番いいの?」「実際のセックスに役立ったりするの?」観ない人にはまったくわからない世界ですよね。

でも、あらゆるプロが集まってつくりあげた作品であることは確か。昔からよくAVを観ているという女性3人(偶然同い年の27歳・独身)に集まってもらい、何がきっかけで観はじめたのか、どうやって作品を選ぶのかなどを語り合ってもらいました。

ウートピが働く女性の性欲について切り込むこの企画、3回にわたってお送りします。

<座談会参加者>
小森さん(仮名):メーカー勤務。パートナーあり。「イクこと重視」のためサンプル動画を中心に視聴。
太田さん(仮名):アパレル勤務。パートナーなし。「シルクラボ」などの動画を癒し目的でじっくり視聴するのが好き。
柴崎さん(仮名):フリーランス。パートナーあり。日常とはかけ離れた作品が好き。動画を購入して楽しむ派。

初めて観たのは中学生のとき

——まず、最初にAVを観たのはいつか教えてもらえますか?「エロとの遭遇」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.