くらし情報『タブー視されがちでも…。働き女子とオトナの動画について語ってみた』

2019年5月24日 21:45

タブー視されがちでも…。働き女子とオトナの動画について語ってみた

面白くするために工夫されてるっていうのは、あらゆる映像で認識したほうがいいのかなってすごく思います。

私、彼氏とセックスするときに自分のスマホで動画を撮って、それ見ながらオナニーしたりするんですけど、「自分のセックスってこんなにつまらないんだ……」って思いましたよ。「好き」と「気持ちいい」しか言ってないし。

——ボキャブラリーは2つのみ(笑)。

小森:そうなんです(笑)。だから、本当にAVってすごいなって思います。

柴崎:AVって、ものすごく編集されたセックスなんですよ。コンテンツとして成り立たせるためのヴィジュアルもそうだし、角度とかもそう。「この体位でこんなに喘ぐわけない」とか思うんですけど、その喘ぐ女性を見て私もムラッとできるわけで、やっぱり「見せるためのセックス」なんだなと思います。私はレイプものが好きなんですけど、実際にレイプされたいわけじゃないし。そもそも合意のないセックスは犯罪だから。

太田:うん。AVが助長してるとか言われるけど、その判断は自分でできなきゃダメだよね。ちょっと方向が変わっちゃうけど……私は部屋の真ん中にベッドがあるのが理解できない。インテリア関連の仕事をしていたので「なんで?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.