くらし情報『「仕事はもっと楽しくできる」ミレニアル世代向けビジネス書を出した理由』

2019年5月27日 09:45

「仕事はもっと楽しくできる」ミレニアル世代向けビジネス書を出した理由

その意味で目的意識を同じにするでなく、大企業で直面する課題感も共通している。ただのビジネス上の損得勘定だけではない、友達に近い感覚で異業種の社員とつながれるので、「やってみたい」と思ったタイミングで対等に始められる。そこは大きなメリットだと感じています。

グレーなものに価値があると思った

——でも、積極的に課題を解決しようとする意識の高い若手社員と自分は、どこか縁遠いようにも感じます。小倉さんはなぜONE JAPANに興味を持ち、本にしようと思ったんですか?

小倉:理由は3つあります。1つ目は、ONE JAPANのメンバーと同じ悩みを抱えている人が大勢いると思ったから。ビジネス書を買うような課題意識のある20〜30代の会社員は、大きく次のような3種類に分けられます。

1. やりたいことを追いかけて、独立したりベンチャーに転職したりする人
2. やりたいことはあるけど、給料が下がらないように同等の会社に転職する人
3. このまま働き続ければ得るものがありそうだから、辞めずに何かしようとする人

このうち、人数が多いのは圧倒的に3でしょう。しかし、その層の人たちに向けて具体的に行動や思考をたどれるビジネス書がないなと感じていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.