くらし情報『ホルモンバランス? ストレス? 月経前の肌荒れの予防法7つ【臨床内科専門医に聞く】』

2019年5月27日 20:45

ホルモンバランス? ストレス? 月経前の肌荒れの予防法7つ【臨床内科専門医に聞く】

目次

・月経前1週間は肌と精神が不安定になる
・ホルモン分泌の周期を把握する
・月経前のストレスは肌トラブルの最大の敵
ホルモンバランス? ストレス? 月経前の肌荒れの予防法7つ【臨床内科専門医に聞く】

月経前になると肌が荒れる、化粧ノリが悪くなる、吹き出物が出るなど、肌のトラブルに見舞われることがあります。また、気分が落ち込む、イライラするという精神的な浮き沈みに振り回されることもあるでしょう。

臨床内科専門医で女性外来がある正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長によると、「月経前の肌のトラブルも精神的な問題も、根本の原因は同じで、『ホルモンバランスの乱れ』からきています。生活環境や性格が原因ではありません。多くの女性は経験があるでしょう」ということです。そこで、月経前の憂うつな症状の改善法とセルフケア法を教えてもらいました。

月経前1週間は肌と精神が不安定になる

「毎月のように決まって肌トラブルに悩まされる」こともあり、月経前は憂うつになります。正木医師はまず、女性のホルモンバランスについて、次のように説明をします。

「女性ホルモンには『卵胞ホルモン(エストロゲン)』と『黄体ホルモン(プロゲステロン)』の2種があります。この2つのホルモンの分泌量の変化により、『月経期(月経開始)』、『卵胞期(排卵前)』、『黄体期(排卵後〜月経前)』に分かれます。

月経期はどちらのホルモンも少なく、卵胞期は卵胞ホルモンの量が、黄体期は黄体ホルモンが多くなるというのが女性のホルモンバランスの周期です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.