くらし情報『ホルモンバランス? ストレス? 月経前の肌荒れの予防法7つ【臨床内科専門医に聞く】』

2019年5月27日 20:45

ホルモンバランス? ストレス? 月経前の肌荒れの予防法7つ【臨床内科専門医に聞く】

便秘しにくい。

・排卵後から5~10日間
卵胞ホルモンの分泌が減ってきて、黄体ホルモンの量が増える。眠気が強くなり、むくみやすく、イライラ、頭痛、だるさなどがあることも。

・月経前1週間
黄体ホルモンの分泌がピークになり、肌荒れ、ニキビ、むくみ、だるさ、頭痛、肩こり、また、精神状態はイライラや憂うつ感、怒りっぽいなどで、心身ともにもっとも不調な時期。

月経前のストレスは肌トラブルの最大の敵

では、黄体ホルモンが盛んな月経前の時期、肌トラブルや体調、精神状態の不調は受け入れるしかないのでしょうか。正木医師は、「そんなことはありません。不調の時期だからこそ、自分でケアしておきたいものです」と、セルフケアについて次の指摘をします。

(1)ストレスを溜めない
イライラやウツウツとしやすい時期にストレスがあると、さらにホルモンのバランスが乱れて精神の状態が悪化します。血圧や腸の調子に関わり、便秘をして肌の状態に影響を及ぼして悪循環となります。この時期のストレスは、肌にも体調にも精神面にも最悪です。

「月経前1週間は最不調期」だということを心得ておき、できるだけストレスをためないように、趣味などリラックスする時間を優先しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.