くらし情報『ホルモンバランス? ストレス? 月経前の肌荒れの予防法7つ【臨床内科専門医に聞く】』

2019年5月27日 20:45

ホルモンバランス? ストレス? 月経前の肌荒れの予防法7つ【臨床内科専門医に聞く】

(2)便秘を改善する
この時期は便秘をしやすいと覚えておき、腸内環境に注視しましょう。食物繊維が豊富な野菜、キノコ類、海藻類、また乳酸菌や発酵食品を多めに食べて、栄養のバランスがとれた食事を実践しましょう。

(3)睡眠時間の確保
睡眠不足は普段から、肌荒れをまねきます。皮膚の細胞の再生(ターンオーバー)を促すために、少なくとも7時間は睡眠時間をとりましょう。

(4)軽い運動を続ける
(1)~(3)に関わることですが、ウォーキングやヨガなどの軽い運動を実践すると、リラクセーションや便秘改善、充実した睡眠につながり、ターンオーバーや精神の安定を促すでしょう。

(5)フルーツを洗うように丁寧に洗顔する
月経前は皮脂分泌が盛んになって肌がベタつくので、スキンケアでは洗顔が重要です。ただし皮膚のバリア機能が不安定になっているので、ごしごしと洗わずに、繊細なフルーツを洗うように、そっと洗いましょう。

(6)洗顔後は保湿を念入りに
皮脂が多い、ニキビが出たからと保湿を避ける人は多いのですが、逆効果です。皮膚のバリア機能を強化するには、脂分と水分のバランスがポイントとなり、乾燥は大敵です。普段から保湿を心掛けてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.