くらし情報『これからもよろしくね! 令和でも使いたい「平成の名文具」5選』

2019年5月29日 20:45

これからもよろしくね! 令和でも使いたい「平成の名文具」5選

目次

・今も昔も学生の必需品「キャンパスノート」
・簡単に美しいラベルが作れる「テプラ」
・ライフログ文化を作った「ほぼ日手帳」
・マスキングテープ市場を作った「mt」
・家庭用はさみの新定番「フィットカットカーブ」
・まきの一言メモ
これからもよろしくね! 令和でも使いたい「平成の名文具」5選

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは?しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方ひとつで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。

第44回目のテーマは、「平成の名文具」です。5月1日に元号が令和に代わりましたが、平成の31年間には、各メーカーからさまざまな名文具が生まれました。そこで、ボールペン編に引き続き、誰もが一度は使ったことがある名文具を、一挙にご紹介します!

【関連記事】「令和」になっても使いたい“平成の名ボールペン”6選

今も昔も学生の必需品「キャンパスノート」

1975年(昭和50年)に発売された初代

1983年(昭和58年)に発売された2代目

1991年(平成3年)に発売された3代目

2000年(平成12年)に発売された4代目

2011年(平成23年)に発売された5代目

学生向けに発売された「キャンパスノート」。初代は昭和50年に誕生しましたが、平成の間にデザインが3回リニューアルされています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.