くらし情報『突然のぐるぐるとふわふわ…もしかしてめまい? 漢方でケアする方法【専門医が教える】』

2019年6月1日 20:45

突然のぐるぐるとふわふわ…もしかしてめまい? 漢方でケアする方法【専門医が教える】

回転性のめまいの原因として、内耳に水が溜まるのは、胃腸に不調があって胃で水分が溜まっている、また尿の量が少なくて体液の巡りが滞っているなどで、体の『水(すい)』の代謝が低下していると考えます。それが原因で心身のエネルギーである『気』の巡りをさまたげてめまいが生じます。

浮遊感があるめまいでは、自律神経やホルモンバランスの乱れによって水分代謝の低下から気の停滞が考えられます」

めまいを訴える人が多い時期については、
「回転性も浮遊性も、気温の急激な変化がある春先や、気圧が大きく変動する梅雨の時期に患者さんが増える傾向にあります」と吉田医師。

漢方薬は「めまいのタイプ・体力・ほかの症状」を考えて選ぶ

つらいめまいの症状をなんとか改善したいとき、「漢方薬を試すという選択肢があります」と言う吉田医師は、その選び方について次のようにアドバイスをします。

「漢方薬は、まずは、『めまいのタイプ』を見つめて判断し、次に『自分の体力の状態』、さらに、『めまいに伴うほかの症状』の3つの柱を考え合わせて選びましょう。漢方薬の特徴は西洋薬と異なり、生薬を組み合わせているため、複数の原因があってもひとつの薬で対応します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.