くらし情報『たまには損得で動いてみたら? 世の中にあふれる「正しさ」が息苦しい貴女へ』

2019年6月12日 21:01

たまには損得で動いてみたら? 世の中にあふれる「正しさ」が息苦しい貴女へ

目次

・「つながらなきゃ」「学ばなきゃ」は捨てていい
・「正しさ」よりも「損得」で動いたほうがハッピー?
たまには損得で動いてみたら? 世の中にあふれる「正しさ」が息苦しい貴女へ

「孤独」と聞くとどんなことをイメージするでしょうか?「老後、独りぼっちになるのが怖いから結婚したい」「友達が少ない私は孤独でかわいそうなのか?」と思っている人もいるかもしれません。

このほど、独身研究家の荒川和久さんが『ソロエコノミーの襲来』(ワニブックス)を上梓しました。

荒川さんは「精神的に自立した価値観を持つ人=ソロ」と定義し、「ソロで生きる力とはつながる力である。それは、他人とつながるだけではなく、自分ともつながることであり、そのつながりは、強く継続的なものである必要もなく、一瞬でもいい」と提唱しています。

他人はともかく自分とつながるってどういうこと?結婚していればソロじゃない?つながるのは一瞬でもいいの?荒川さんに5回にわたってお話を伺いました。

【第1回】「まずは自撮りしてみよう」自己肯定感を高めたい貴女に伝えたいこと
【第2回】SNSでもリアルでも友達はたくさんいるのに“孤独”を感じるのはなぜ?

「つながらなきゃ」「学ばなきゃ」は捨てていい

——前回は「とにかくしゃべってみたら?」というお話でした。また面倒くさいこと聞いてもいいですか?

荒川:一応、聞きましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.