くらし情報『座りっぱなしで足腰がつらい…デスクで簡単筋トレ&ストレッチ【鍼灸師に聞く】』

2019年6月5日 20:45

座りっぱなしで足腰がつらい…デスクで簡単筋トレ&ストレッチ【鍼灸師に聞く】

目次

・腰ジンジンは、ふとももの前の筋肉の衰えが原因
・足首、ふともも、かかとを上げる動き3つ
・30分に1回は行いたい腰ストレッチ
座りっぱなしで足腰がつらい…デスクで簡単筋トレ&ストレッチ【鍼灸師に聞く】

デスクワークの時間が長くなり、立ち上がろうとしたときに、突然に腰から膝のあたりまで電気が走るようにピリピリと痛み、腰がジンジンと痛むことがあります。

鍼灸師・柔道整復師の太子橋鍼灸整骨院(大阪府守口市)の丸尾啓輔院長によると、「ときどきあってすぐ治まるようなら、ふとももの筋肉が弱いことや座骨神経痛の軽症などが考えられます。ずっと同じ姿勢で座っていると、腰の仙骨(せんこつ。骨盤の後方の壁をつくる三角状の骨)と呼ぶあたりが圧迫されて神経を刺激して痛みが走ることがあります」とのことです。そこで、その原因と自分でできるケア法を教えてもらいました。

腰ジンジンは、ふとももの前の筋肉の衰えが原因

はじめに丸尾さんは、座りっぱなしによる腰と足の痛みについて、こう説明をします。

「椅子から立ち上がろうとしたときに腰から膝に痛みが走るのは、わりとよくある症状です。ふとももの前の筋肉が弱い、たるみ、衰えたなどに思いあたりませんか。。ふとももの前面の筋肉は、総称して大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と呼びます。全身の中でも大きくて強い筋肉で、膝の関節や股関節を曲げる、また下肢を伸ばすように働きます。少し鍛えると下半身全体の運動能力がアップして腰痛対策になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.