くらし情報『性欲の変化から考えるオトコの人生【TENGAヘルスケア】』

2019年6月7日 21:29

性欲の変化から考えるオトコの人生【TENGAヘルスケア】

目次

・数値化された性欲と性機能のギャップ
・性欲の推移から男性の人生が見える?
・性機能回復のカギは…?
性欲の変化から考えるオトコの人生【TENGAヘルスケア】

2019年5月21日、「TECH PLAY SHIBUYA(東京都渋谷区)」で開催されたセクシャルウェルネスフォーラム。現代社会が抱える性の問題について考えるきっかけをつくるべく、株式会社TENGAヘルスケアがメディア向けに情報を発信しました。

今回はフォーラムの中から、性にまつわるスペシャリスト4人が登壇したパネルディスカッションの様子を、前後編に分けてお届け。前編では、男性の性の悩みに関する議論をまとめました。

(左から)永井先生、辻村先生、OliviAさん、後藤さん

【登壇者】
永井敦(川崎医科大学 泌尿器科 教授)
辻村晃(順天堂大学医学部付属浦安病院 泌尿器科 教授)
OliviA(ラブライフアドバイザー)
後藤宰人(週刊現代 記者)

数値化された性欲と性機能のギャップ

画像提供:TENGAヘルスケア

本フォーラムでまず取り上げられたデータが、男性の性欲と性機能の加齢に伴う推移です。TENGAヘルスケアが調査した年齢ごとの性欲の実感を示したデータと、ED診療ガイドラインに基づく非ED率(勃起できる状態)を比べると、40代後半から“性欲に性機能が追いつかなくなる”ことが明らかに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.