くらし情報『イソノショックに思うコト。年下夫は女のリスク?【河崎環】』

2019年6月10日 21:45

イソノショックに思うコト。年下夫は女のリスク?【河崎環】

に目を向け結婚する。その背景には、古い固定観念をナチュラルに繰り出し、女性をそこに当てはめようとする世間から脱出したいという女性側の思いがあるのではないでしょうか。

自分の知らない世代のカルチャーやマインドとならばそういった価値観上の「脱出」が可能なのではないか、との期待。自立できる女にとって、年下男子とは「性別や年齢で上下をつけたがる世間の力学にNOと感じている人たち」同士の現実的な選択なのです。しかしながら、往々にして人生の計画には修正がつきものです。

貴理子さんはなぜ淡々と報告したのか

冒頭で触れた磯野貴理子さんの再婚生活は、夫の「自分の子どもが欲しい」との言葉で幕を閉じました。貴理子さんは2012年に再婚。年齢差24歳という関係には当初様々な憶測や意見が湧いたものの、それから7年の月日が経ち、先日の離婚発表には晴天の霹靂のようなショックが走りました。貴理子さんは現在55歳。31歳の夫の言葉を聞いて「あっ、そうかそうか。そらそうだと思って。『何か勝手言って、俺』って(向こうに言われて)『勝手じゃないよ。自然なことだよ。当たり前じゃないの』って……」。

共演者の松居直美さんは、貴理子さんの言葉に号泣していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.