くらし情報『やるならどっち? iDeCoとNISAの違い【浪費家FPに聞く】』

2019年6月11日 21:01

やるならどっち? iDeCoとNISAの違い【浪費家FPに聞く】

目次

・メリットばかりで怪しく見えてくる「iDeCo」
・肝心な運用をまるっと任せる投資信託
やるならどっち? iDeCoとNISAの違い【浪費家FPに聞く】

そろそろ“ちゃんと”しなきゃと思うお金のコト。けれど、老後に必要なのは何千万円と言われてもピンとこない。そもそもそこまで貯めるのに何年かかるのかわからないし、自分のキャリアも安定とは言えない——。そもそも、お給料は趣味や美味しいものを食べるため、自分の暮らしを快適にするために「使いたい!」と思う人も少なくないのでは?

2019年3月に発売された『一生楽しく浪費するためのお金の話』(イースト・プレス)の著者のひとり、ファイナンシャルプランナーの篠田尚子(しのだ・しょうこ)さんは「使う人ほど貯められる」と話します。ウートピではその理由や、これからお金のことについて考えたいという人に向けてのアドバイスを全6回にわたって紹介します。

第5回は、「iDeCo」と「NISA」について聞きました。

メリットばかりで怪しく見えてくる「iDeCo」

——いよいよお金を増やすための実践方法ですが、篠田さんがもっともおすすめだという資産運用方法を教えてください。

篠田尚子さん(以下、篠田):「iDeCo」と「NISA」です。この2つはお金の知識のない初心者でも利用しやすい、国の制度です。掛金もiDeCoは5千円以上、NISAは楽天証券なら100円から始められます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.