くらし情報『40代で不整脈が起きて…。雁須磨子さんが『あした死ぬには、』を描いた理由』

2019年6月13日 19:45

40代で不整脈が起きて…。雁須磨子さんが『あした死ぬには、』を描いた理由

目次

・40代、本当にガタッと身体が変わった
・置かれている状況が違うだけで、誰もが“地続き”
・『あした死ぬには、』の下の句は、人それぞれ
40代で不整脈が起きて…。雁須磨子さんが『あした死ぬには、』を描いた理由

「20代ほどがむしゃらじゃない、30代ほどノリノリじゃない。40代で直面する、心と身体の変わり目」――そんなコピーが添えられた漫画『あした死ぬには、』(太田出版)。切実に生きる女子たちの“40代の壁”を描くオムニバスストーリーの第1巻が6月13日に発売されました。

若さ至上主義で必要以上に、年齢に抗いたいわけじゃない。でも、老いに対する不安はある——。40代に入ったら、じつのところ、どんな変化があるのでしょうか。

25年間、漫画家として第一線で活躍している雁須磨子(かり・すまこ)さんに、今作が生まれた経緯や、雁さんが40代を迎えて実際に感じた変化などについて、じっくり話を聞きました。

40代、本当にガタッと身体が変わった

——まずは漫画『あした死ぬには、』の着想について聞かせてください。どんなふうに生まれた作品なんでしょう。

雁須磨子さん(以下、雁):じつは、40代のライフスタイルや更年期、いわゆる“女性の加齢”は30代のころから描きたいと思っていたんです。私自身、昔から「更年期障害が来たらどんなふうになるんだろう?」という不安があって……仕事ができなくなるくらいイライラしたり、情緒不安定になったらどうしよう、と思っていて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.