くらし情報『夏バテと間違えないで! 初夏から貧血が増える理由を専門医に聞きました【前編】』

2019年6月17日 20:45

夏バテと間違えないで! 初夏から貧血が増える理由を専門医に聞きました【前編】

下まぶたの裏を確認。貧血に特有の症状のポイント

汗をかく季節になって冒頭で述べたような症状だと、夏バテや脳貧血を疑うと思いますが、実はもっとも多いという鉄欠乏性貧血との違いについて、正木医師はこう説明を続けます。

「まず、夏バテによる脳貧血も鉄欠乏性貧血も、疲労感、けん怠感、眠気、顔色が悪い、めまい、立ちくらみ、頭が重い、肩がこる、食欲がない、胃腸の不調などの症状が現れます。診断として違ってくるのは、暑さで自律神経のバランスが乱れることによる夏バテなのか、脳貧血なのか、また、鉄の欠乏による貧血なのかという点です。

それは先ほどお話ししたように、血液検査で診断ができますが、鉄欠乏性貧血の場合は、脳貧血と同様の不調に加えて次のような症状が現れます。これは夏バテによる脳貧血との違いのチェックポイントになります。思いあたることはありませんか」
<鉄欠乏性貧血を疑う症状>
・下まぶたを指で降ろし(あっかんべーをする)、結膜を見ると白い。
・ツメの下の皮膚が白い。
・ツメが反っている。また、割れやすい。
・顔面が蒼白か、黒っぽいと言われる。
・朝、起きるのがとてもつらい。
・抜け毛、切れ毛が多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.