くらし情報『夏バテと間違えないで! 初夏から貧血が増える理由を専門医に聞きました【前編】』

2019年6月17日 20:45

夏バテと間違えないで! 初夏から貧血が増える理由を専門医に聞きました【前編】

・肌あれがひどい。
・口角が切れやすくなる。
・舌がヒリヒリする。
・食べ物の味がわかりにくくなった。
・脚がむずむずして夜寝つきにくい(レストレスレッグス症候群)。
・氷をやたらと食べたくなる(氷食症)。
・動悸、息切れがひどい。

「このうち、動悸や息切れは、鉄の欠乏による貧血で心臓が酸素不足になってくると、体が少しでも酸素を運ぼう、また取り込もうとして呼吸に影響し、心拍数が高まるために起こります。

また、夏バテと同じ症状の肩こり、だるさ、疲労感は筋肉の酸素不足、めまいや立ちくらみには脳の酸素不足なども関係している場合があります。

いずれにしても、女性は夏バテなどの疲労と混同して、脳貧血、鉄欠乏性貧血ともに見過ごすことが多いので、チェックポイントにひとつでも思いあたれば早めに内科を受診してください」と正木医師。

脳貧血と貧血の違いは「鉄が欠乏しているかどうか」にあり、症状によって貧血を疑うことは可能だということです。ただし、「最近、貧血に特有の症状がなくて、一般の血液検査でもわかりにくい無自覚の『隠れ貧血』が20~40代の女性にとても増えています」と正木医師。これについて、次の後編で詳しくお伝えします。ぜひ合わせて参考になさってください。

(構成・文品川 緑 / ユンブル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.