くらし情報『ケーキと花束にほだされないで…その介護離職ちょっと待った【わたし、定時で帰ります。】』

2019年6月18日 23:30

ケーキと花束にほだされないで…その介護離職ちょっと待った【わたし、定時で帰ります。】

目次

・「仕事を辞めて、実家に帰る」だと?
・怒って止めるべきところで謎の展開に
・家族が路頭に迷うかもしれない決断を美談にするな
ケーキと花束にほだされないで…その介護離職ちょっと待った【わたし、定時で帰ります。】

いよいよ最終回を迎えるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)。吉高由里子さん演じる主人公の東山結衣が、ガツガツ戦うことなく職場の曲者社員たちとうまく仕事をする姿が新しいと話題になりました。吉高由里子がうちの職場にもほしい……と思った人も多かったのでは。そんなほのぼの目線にちょっと待ったをかけたのが、ライターの吉田潮さんです。

第8話放送終了後に「遠方の親の介護で仕事をやめるのは大反対。しかも夫婦揃って、というのは本当にやめた方がいい。情報集めてアウトソーシングを、と内田有紀に言ってあげたい、吉高由里子の代わりに」と、Twitterでつぶやいたことについて綴っていただきました。

「仕事を辞めて、実家に帰る」だと?

仕事を効率よくこなして、定時にきっちり帰る。モンスター部下も手なずけて育成し、チームのミスに尻ぬぐいもし、厄介なサークルクラッシャー上司と闘いつつ、職場の雰囲気を良き方向へもっていく。プライベートも充実、料理上手で優しい彼氏がいる、そんな「理想の女性」を吉高由里子が演じるのが、『わたし、定時で帰ります。』である。

「よくある“会社あるある”を理想論でまとめているのがキツイ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.