くらし情報『ケーキと花束にほだされないで…その介護離職ちょっと待った【わたし、定時で帰ります。】』

2019年6月18日 23:30

ケーキと花束にほだされないで…その介護離職ちょっと待った【わたし、定時で帰ります。】

随分と勝手な夫だと思った。親の介護で辞職なんて、一番アカンやつや。しかも双子の赤子がいるというのに!確か、夫の坪倉は大学勤務、両生類の研究者だ。大学の教授か助教授か講師だかはわからないが、育休がとれるということはそこそこの立場なのだろう。それにしたってそんな簡単に辞職しちゃっていいのだろうか?

妻としては、そりゃもう怒り心頭になるだろうと思っていたら、なぜか内田は「家族が大変なときにそこまで働く必要あるのかなって考えちゃって」という。さらに「結婚って、家族になるって、相手の人生も全部背負うことなんだよね」なんてのたまう。

さらに白目をむく展開になっていく。熊本に帰っていた坪倉が突然家に戻ってきたのだ。「結婚記念日は必ず一緒に過ごそうって言ってたでしょ」とかなんとか言って、花とケーキを買ってきたのだ。「ありがとう」と抱きつく内田。え、勝手に仕事辞めて、育児も全部任されて、おふくろファーストの夫に、文句ひとつ言わずに感謝するの?花とケーキでほだされるのか?!

しまいに、内田は「家族みんなで一緒にいたい」と休職して、双子を連れて熊本に行くことにしたのだ。え?じゃあ、一家4人の生計はどうやって立てるの?働かなくてもいいくらい、貯金がたんまりあるの?それとも親にたんまり資産があるの?頭の上に「?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.