くらし情報『大人ってどう生きていけばいいの?「かめおか子ども新聞」編集長と考えた』

2019年6月21日 20:45

大人ってどう生きていけばいいの?「かめおか子ども新聞」編集長と考えた

って声を掛けられたり、インフルエンザになって行った病院の先生から「記者の子やろ?読んでるで。あれ面白かったな」と言われたりするらしく……。

そういう経験を通して、自分の知らない人から声を掛けられるじゃないですか。自分の存在とか、難しい言葉で言うと自己肯定感とかになるのかもしれないけれど、存在意義というか、自分が記者として存在して、取材したことで、知らない人が喜んでくれたんやとか。子どもだけど大人の社会にちょっとでも影響しているじゃないのって思った時に、自信につながったりするみたいですね。

子どもたちの生きる選択肢を増やしたい

——自分が子どもの時を振り返ると、世界が学校と家しかないってキツイよなって……。だから子ども記者の子たちがうらやましいなと思いました。竹内:僕もそれをすごく思ったんですよね。中学3年の時の高校の進路相談で「なりたい職業に影響するから高校選びは大事だよ」って、先生に言われたけれど、「なりたい職業は何?」って言われても、よく分からないし選択肢が少ないって思った。

今、振り返ったら、もっと早く選択肢を持っておけば、いろいろな生き方ができたのになって思うことがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.