くらし情報『歯の黄ばみは唾液の力で防ぐ…自分でケアする方法【歯科医が教える】』

2019年6月24日 20:45

歯の黄ばみは唾液の力で防ぐ…自分でケアする方法【歯科医が教える】

目次

・食品中のポリフェノールと唾液中のタンパク質がくっついて汚れになる
・唾液を歯磨き剤に、舌先を歯ブラシにして歯を磨く
・唾液の分泌を促すためにガムや昆布をよく噛む
歯の黄ばみは唾液の力で防ぐ…自分でケアする方法【歯科医が教える】

毎日ていねいに歯を磨いているつもりなのに、いつの間にか黄ばんでいることに気づきます。自分で白くきれいな歯にすることはできるのでしょうか。

歯科医で口腔(こうくう)衛生に詳しい江上歯科(大阪市北区)の江上一郎院長に尋ねると、「歯も肌や髪と同じように、年齢とともに劣化して色も黄ばんでいきます。とくに歯磨きをあまりしないことや、食習慣とストレスの状態は直接的に反映されます。逆に考えれば、自分で予防やケアをする方法があるわけです」ということです。その具体策について、詳しく聞いてみました。

【関連記事】口呼吸のセルフチェックと予防法

食品中のポリフェノールと唾液中のタンパク質がくっついて汚れになる

はじめに江上医師は、歯が黄ばむ原因ついて、こう説明します。

「おもに、歯の表面に食品などの汚れが付着して、それが蓄積してとれなくなって着色していきます。その汚れを『ステイン』と呼びます。食品に含まれるポリフェノールや合成着色料などが、唾液に含まれるタンパク質のぺリクルとくっついて、黄ばみ汚れになります。

白い陶器を長いこと使っていると徐々に汚れてきて、やがてとれにくくなるでしょう。それと同じです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.