くらし情報『“おばさんマインド”は自分に都合よくオンオフしていい 40代をラクに生きるコツ』

2019年6月27日 21:01

“おばさんマインド”は自分に都合よくオンオフしていい 40代をラクに生きるコツ

目次

・感情を抑えられない、抑えたくない自分を、受け入れる
・“おばさん”“おばさんじゃない”のマインドを、適宜切り替える
・遊び感覚でもいいから、自分をメンテナンスする
“おばさんマインド”は自分に都合よくオンオフしていい 40代をラクに生きるコツ

「20代ほどがむしゃらじゃない、30代ほどノリノリじゃない。40代で直面する、心と身体の変わり目」——そんなコピーが添えられた漫画『あした死ぬには、』。切実に生きる女子たちの“40代の壁”を描くオムニバスストーリーです。

必要以上に、年齢に抗いたいわけじゃありません。でも、うまく付き合っていきたいとは思います。40代に入ったら、じつのところ、どんな変化があるのでしょうか。

25年間、漫画家として第一線で活躍している雁須磨子(かり・すまこ)さんに、40代を迎えて実際に感じたことや周囲の変化などをじっくり伺っています。

最終回は、変わっていく自分とどう向き合えばいいのか?折り合いをつけていくための心構えを聞きました。

感情を抑えられない、抑えたくない自分を、受け入れる

——更年期障害ドまんなかのタイミングを迎えても、自分自身の変化は、なかなか気づきにくいように思います。『あした死ぬには、』第2話でも、主人公の多子(さわこ)が若い女性の同僚に「自分の様子がおかしいと思ったときは言ってね」と頼む場面がありました。

(C)雁須磨子/太田出版

(C)雁須磨子/太田出版

(C)雁須磨子/太田出版

雁須磨子さん(以下、雁)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.