くらし情報『残したくないものは「余計な人間関係」【幡野広志】』

2019年7月3日 21:01

残したくないものは「余計な人間関係」【幡野広志】

代替療法とか健康食品とか、パワースポットとか「奇跡の水」みたいなやつとか……。

——もしかして、壺を売られそうになるとかもあるんですか?

幡野:あります、あります。最大3つありましたよ。もう、メルカリで売っちゃおうかな(笑)。

——えー!本当にあるんですね。幡野さんが「ぼくにはいらないので」って出品したら、おもしろそうですね。サインなんかつけちゃって。

幡野:でも、まじめな話、宗教の勧誘も多いし、ハマっちゃう人もいっぱいいるんですよ。しかもぼくの場合、息子をダシに勧誘してくるんですよね。「残される息子さんのことを考えて」とか「息子さんを不幸にしないために」とか。

勧誘の言葉も、非難の言葉も、すべて巧妙に「息子」を使ってくる。途中でそのカラクリに気づいたからよかったけど、こころが揺らぐ人はたくさんいると思います。

——たしかに、自分ががんになったら壺でもパワースポットでも健康食品でも、すがっちゃうかもしれない……。

幡野:そういうときは、「なぜ、みんなこんなにいろいろ言ってくるのかな?」って考えることが大事なんだと思います。詳しく話を聞いていくと、「数年前、仲の良い友達ががんで亡くなったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.