くらし情報『残したくないものは「余計な人間関係」【幡野広志】』

2019年7月3日 21:01

残したくないものは「余計な人間関係」【幡野広志】

あのときに、もっとこうしてあげれば良かった」って後悔してる人が結構いるんですよ。「あのときの後悔」を、ぼくを使ってリベンジしようとしている。

——へええ。

幡野:だから向こうも一生懸命なんです。「あのときの後悔」が先にあるから。なかには、1日に何度も連絡してくる人もいましたしね。要は、ぼくに連絡を取って、「奇跡」を実現させることでリベンジを果たそうとするんですよね。

——本にもありましたが、こころを崩すのは患者本人だけじゃないんですね。幡野さんにリベンジしようとしてきている人たちは、まさかそれが幡野さんの迷惑になっているとは思ってない。むしろ「良いことをやっている」と思ってるかもしれない。

幡野:もちろん本人たちは「幡野さんのため」っていうけど、完全に自分のためですよね。「あのときの後悔」で、少なからずこころのバランスを崩しているんだと思います。健康なときだったら相手することもできたかもしれないけど、今のぼくには無理です。

人間関係のリセットと、声を上げる勇気

——そういえば本の中で、家族に残したくないものとして「余計な人間関係」って書かれてましたね。

幡野:ぼくのような立場に置かれたら、人間関係の整理っていちばん最初に必要なんじゃないかな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.