くらし情報『34歳会社員、とことん非日常を求めてラスベガスに行ってみた』

2019年7月5日 15:45

34歳会社員、とことん非日常を求めてラスベガスに行ってみた

目次

・てか、全然事前の知識がないんですけれども…
・安全面を気にするY子
・そろそろ出発しませんか?
34歳会社員、とことん非日常を求めてラスベガスに行ってみた

気づけば、毎日同じ仕事と生活の繰り返し。このマンネリ感を打開するには、とびきりの非日常が必要かも!そんなウートピ編集部Y子の元に突然やってきた、ラスベガスツアーのお話。

「ラ、ラ、ラスベガス?あのカジノやクラブや、『オーシャンズ11』が集うあの場所ですか?」

非日常を求めていたものの、あまりにも縁もゆかりもなさすぎて戸惑うY子。でも、ここでひるんでしまったら、やっぱり“ほどほど”な選択しかできない自分になってしまいそう。なら——。

「行きます!」勢いよく答えたY子。33年間海外バージンだったY子の小さな(本人にとっては大きな?)決断。ラスベガス体験記を5回に分けてお届けします。

【関連記事】海外バージンY子とは?

てか、全然事前の知識がないんですけれども…

そもそも、ラスベガスについて、アメリカにあるカジノが有名な国というイメージしかなかったY子。今回の旅のお話をいただいた、ラスベガス観光局の方にラスベガスについていろいろ教えてもらいました。

「カジノのイメージが強いラスベガスですが、実は今、スポーツ、エンタメ、グルメ、大自然のツアーなど各分野がどんどん変化しています。なので何度訪れても新しい発見のある『大人の遊びたい欲』をとことん満たしてくれる場所なんですよ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.