くらし情報『実は冷え対策がポイント…梅雨の「湿邪」の不調ケアを専門医が教える【第2回】』

2019年7月4日 21:45

実は冷え対策がポイント…梅雨の「湿邪」の不調ケアを専門医が教える【第2回】

目次

・ウリ類、豆類、海藻類、香辛料を食べる
・夏用足首ウォーマーや半身浴で下半身を温める
・湿気を室内に入れない
実は冷え対策がポイント…梅雨の「湿邪」の不調ケアを専門医が教える【第2回】

前回の記事、「梅雨どきのめまいや頭痛、胃重は「湿邪」…『気象病』との違いを専門医に聞く【第1回】」で、漢方専門医・臨床内科専門医・消化器内視鏡専門医の吉田裕彦医師に、「梅雨のころの頭痛、めまい、耳ツーン、胃重感、むくみといった不調を東洋医学では『湿邪(しつじゃ)』」ということ、原因は体のあちこちに水分が溜まること、またその特徴は、気温が高くて暑く感じても実は体は冷えていること」だと教えてもらいました。

ひき続き吉田医師に、今回は、自分で湿邪を緩和する方法について詳しく尋ねました。

<第1回のポイント>
□「湿邪」は体に水分が溜まって不調をまねく
□「湿邪」の不調を具体的にチェック
□「湿邪」と「気象病」の相違点は

ウリ類、豆類、海藻類、香辛料を食べる

湿邪では体が冷えているということでしたが、つらい「湿邪」を乗り切るためのセルフケア法として吉田医師はまず、食事についてこうアドバイスをします。

「体に水分が過剰になってめぐりが悪化すると、とくに消化が悪いものを食べたり、食べすぎ飲みすぎたりをしているわけではないのに、胃腸がダメージを受けやすくて、胃が重くておなかを下す、また食欲が落ちることがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.