くらし情報『コレステロールと中性脂肪の違いは? 心臓病のリスクをセルフチェックする方法』

2019年7月8日 21:45

コレステロールと中性脂肪の違いは? 心臓病のリスクをセルフチェックする方法

目次

・痛くもかゆくもないサイレント・キラー
・血液検査での数値がギリギリセーフでも安心はできない
・医学会公式のネットツールでリスクをチェック
コレステロールと中性脂肪の違いは? 心臓病のリスクをセルフチェックする方法

前回の記事、「コレステロール値が高い」と言われたけど…検査結果の見方は?」では、コレステロールの実体や善玉と悪玉の存在と役割、また血液検査での数値の基準値について紹介しました。今回は、自覚症状や、中性脂肪との違い、また、心臓病のリスクを自分で確認する方法について、ひき続き、糖尿病専門医・臨床内科専門医でふくだ内科クリニック(大阪市生野区)の福田正博院長に教えてもらいましょう。

■「第1回」のポイント
Q1:コレステロールの実体とは?
Q2:コレステロールは体に悪い?どう働く?
Q3:コレステロールの「悪玉」と「善玉」とは何?
Q4:健康診断の数値がオーバーだと何が問題に?
Q5:「脂質異常症」の診断基準とは?

痛くもかゆくもないサイレント・キラー

Q6:コレステロールの数値が基準値を超えた場合、どこかが痛くなるとか、自覚症状はありますか。

福田医師:いいえ、自覚症状はなく、痛くもかゆくもありません。動脈硬化は、「サイレン卜・キラー(静かなる殺し屋)」と呼ばれていますが、その語源は、自分では何も気づかないうちに病気が進行しているという意味です。もっとも怖いことで、だからこそ危険なのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.