くらし情報『コレステロールと中性脂肪の違いは? 心臓病のリスクをセルフチェックする方法』

2019年7月8日 21:45

コレステロールと中性脂肪の違いは? 心臓病のリスクをセルフチェックする方法

自覚がないため、多くの人は健康診断による血液検査で発覚します。数値が基準値を超えていたら、「これはアラームだ」と考えて、できるだけ早めに受診をしましょう。

血液検査での数値がギリギリセーフでも安心はできない

Q7:血液検査の結果で、例えば、「LDLコレステロールの数値が139mg/dlで、かつかつセーフ」だった場合は、安心していいのでしょうか。

福田医師:患者さんによく聞かれる質問のひとつです。数値がギリギリの場合は、基準値内であっても安心はできません。年齢とともに悪玉コレステロールは蓄積し、善玉は減少していきます。これは黄信号だと認識して、脂質異常症になる前に生活習慣を見直して予防しましょう。

また、コレステロールだけでなく、糖尿病や高血圧症、喫煙をしているなど、動脈硬化の危険因子を複数持っている人はさらに注意が必要です。LDLコレステロール値の目標を140未満ではなく、120以下、あるいは100とする
ことが動脈硬化学会の治療目標にも挙げられています。Q8:血液検査の結果が異常値でも、放置した場合はどうなるのでしょうか。

福田医師:前回にお話ししたように、血管壁にコレステロールがたまって血管が細く硬くなる動脈硬化が進み、突然、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの発作で非常に苦しい病気になる可能性が高まります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.