くらし情報『嫌なことをイヤと感じられなくなる…傷つくことに鈍感な優等生たち【富永京子×上野千鶴子】』

2019年7月18日 20:45

嫌なことをイヤと感じられなくなる…傷つくことに鈍感な優等生たち【富永京子×上野千鶴子】

上野:ずっと観察していて思ったんだけど、東大男子ってタチ悪いんだよね。他大学出身の女子をいじる。「キミ、こんなことも知らないんだろう」って、やたら啓蒙したがる。教えたがり。

富永:私は親切なのだと思っています。いずれにせよ、自分自身はお世話になった先輩たちに報いるような仕事をしなきゃいけないと考えていて。ミスをすると「うわー、教えてくれた先輩たちに申し訳ない」と思うんですよ。

上野:その後、脱洗脳しましたか?

富永:院生を自分の研究室に迎えるのが、すごく怖いですね。同じように「これやって、次はこれやって……」という気持ちになっちゃう時があるから、何とかしないとなと思います。

上野:それはあなただけの問題じゃない。院生にとって、学界というのは業績主義の社会だから。

社会学者の上野千鶴子さん

「観察者」として社会運動を見ている理由

上野:ジェンダー研究とか選んだ途端に、もう学界では主流になれません。社会運動もそうじゃない? どうして社会運動というマイナーなテーマを研究対象に選んだの?

富永:魅力的に感じたんでしょうね。社会運動をやってる人たちを見ていると、こんなに社会の価値観みたいなものから自由になっていいんだ、と思う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.