くらし情報『「壊れるまで頑張らなくていい」自分に優しくできるようになったのは…【大木亜希子】』

2019年7月10日 20:45

「壊れるまで頑張らなくていい」自分に優しくできるようになったのは…【大木亜希子】

「今までより幸せにならないと」と考えるあまり、その言葉に縛られてしまうこともありますよね。大木さんは体を壊したあと、どうやって過去と向き合うようになったんですか?

大木:過去は過去として受け入れて、自分に優しく接するようになりました。本書にも登場する元AKBCafeっ娘で女性バーテンダーになった小栗絵里加さんのように、失敗した先に自分のやりたいことが待っている可能性もあると思います。その経験が人生を生きる糧になっていくことも。

一方で、元SDN48で現在は振付師の三ツ井裕美さんの「『人として幸せになる』感情を大切にしてほしい」という言葉も、一つの真実だと感じているんです。三ツ井さんは、「自分が壊れるまで頑張る必要はないし、途中で夢を諦めたほうが幸せかもしれない。もし違う世界に行っても、その道を楽しんでほしい。どんなときでも心の余裕は大事だし、その時のポジションや人気に一喜一憂しないで、人として小さなことにも幸せを感じられる心を持ってほしい」と話していました。

これは現代社会において、生きづらさを抱えている人たち全員に対するメッセージだとも思っているんです。自分自身に優しくなれないと、どこかでひずみや影響が出てしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.