くらし情報『女子スポーツ発展の裏に現代にも通じる「女の苦悩」あり【いだてん】』

2019年7月13日 16:10

女子スポーツ発展の裏に現代にも通じる「女の苦悩」あり【いだてん】

目次

・女子体育にもスポットを当てる気概
・女らしさって何ですか?セリフを通じて問いかける
・嫁いで産んでが女の「ご幸福」ではない
・自分が持つ女性性を否定してしまう空気
・もはや配慮を超えた平等の意識
女子スポーツ発展の裏に現代にも通じる「女の苦悩」あり【いだてん】

神回!と名高い『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK総合)の第26回「明日なき暴走」。この回でもっとも重要な役として取り上げられたのが、日本人女子で初めてオリンピックに出場し、銀メダルを獲得した人見絹枝菅原小春)さんです。

「男は負けても帰れるでしょう、でも女は帰れません」「負けたら、やっぱり女はだめだ、男のまねして走っても役に立たないと笑われます!」「日本の……女子選手全員の希望が……夢が……私のせいで絶たれてしまう!」

菅原さんの熱演は「#人見絹枝に泣いた」と話題になりました。『いだてん』は、「女を置いてきぼりにしない稀有な大河」だとライターの吉田潮さんは考察します。

女子体育にもスポットを当てる気概

毛色の変わった大河『いだてん』、観てる?低視聴率ばかりがニュースになっている感も否めないが、これ、ただの奇天烈大河ではなく、現代女性のうっ憤や辟易を織り込み、溜飲の下がる要素が満載の「女性を置いてきぼりにしない稀有な大河」なのだ。

すでに放送した26回分全部観てほしいのはやまやまだが、18話からの「女子体育の礎」でもいい。それが厳しければ、感動の神回26話だけでもいい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.