くらし情報『「山崎ナオコーラ ブス」が営業妨害だと思った理由【ブスの自信の持ち方】』

2019年7月16日 09:45

「山崎ナオコーラ ブス」が営業妨害だと思った理由【ブスの自信の持ち方】

目次

・「金髪」時代は一瞬なのに
・ツーショットって『道連れ感』がある
・エゴサできるのは強いから?
「山崎ナオコーラ ブス」が営業妨害だと思った理由【ブスの自信の持ち方】

7月6日、東京堂書店(東京都神保町)にて山崎ナオコーラさんの新刊『ブスの自信の持ち方』(誠文堂新光社)の先行発売を記念したトークイベントが開催されました。

対談のお相手は、山崎さんのデビュー当時から15年以上交流があるという、作家の羽田圭介さんです。「『顔』を出しながら作家活動をすること」をテーマに、写真を撮られることへの想いや、なぜ顔を出すのかについて語り合いました。

ウートピではその一部を編集してお届けします。今回は、おふたりの出会いから、山崎ナオコーラさんが自身の写真の削除申請をした理由について。

羽田さんお手製のクッキー

「金髪」時代は一瞬なのに

山崎ナオコーラさん(以下、山崎):今日は大阪から会場まで来てくださって。お忙しい中ありがとうございます。

羽田圭介さん(以下、羽田):よろしくお願いします。(お土産の)クッキーは木曜夜から金曜日夕方にかけて焼きました。今日は東京駅に14時ごろ着いたので、イベント前に高校時代から通っているカレー屋へ寄って来ました。以前は大盛りを頼んでいたのですが、今日は普通盛り。一つの時代が終わったなと思いましたね。

山崎:それはなぜですか?

羽田:大盛りも普通盛りも同じ値段なので、昔は大盛りを選んでいたのですが、カロリーを気にしてしまって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.