くらし情報『『成功者K』で自分の顔写真を使ったのはなぜ?【山崎ナオコーラ・羽田圭介】』

2019年7月17日 20:45

『成功者K』で自分の顔写真を使ったのはなぜ?【山崎ナオコーラ・羽田圭介】

目次

・テレビやメディアに幻想を抱いていた
・自分の顔を表紙にはしたくなかった
・稼ぎだけではない、本を売りたい理由
『成功者K』で自分の顔写真を使ったのはなぜ?【山崎ナオコーラ・羽田圭介】

7月6日、東京堂書店(東京都神保町)にて山崎ナオコーラさんの新刊『ブスの自信の持ち方』(誠文堂新光社)の先行発売を記念したトークイベントが開催されました。

対談のお相手は、山崎さんのデビュー当時から15年以上交流があるという、作家の羽田圭介さんです。「『顔』を出しながら作家活動をすること」をテーマに、写真を撮られることへの想いや、なぜ顔を出すのかについて語り合いました。

ウートピではその一部を編集し、3回にわたってお届けします。今回は、羽田さんがテレビやメディアに出演する理由やなぜ本を売りたいと思うのかについてトークが展開されました。

手作りのクッキーを持参した羽田さん

テレビやメディアに幻想を抱いていた

山崎:羽田さんがテレビに出るのは、販促活動のためですか?

羽田:今は違いますね。出始めの頃、芥川賞を取る前は「芸能人が本を紹介してくれれば売れるだろう」とテレビやメディアに幻想を抱いていました。映画化・ドラマ化されるか、芸能人のお墨付きをもらうか、大きな賞を取るか。本が売れる要素ってその3つくらいかなと思っていたんですよ。でも、決定打がよくわからないんですよね。

実際、芥川賞の受賞と、テレビ出演が同時期だったので『スクラップ・アンド・ビルド』(文藝春秋)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.