くらし情報『部屋干しすると、ちょっとにおう…洗濯のテクニック5つ』

2019年7月19日 14:45

部屋干しすると、ちょっとにおう…洗濯のテクニック5つ

目次

・部屋干しすると…ちょっとにおう
・洗濯機を洗濯カゴがわりにしてない?
・アーチ型に干して風通しを意識
・エアコンの風がくさいです
部屋干しすると、ちょっとにおう…洗濯のテクニック5つ

忙しい日々の中で、つい後回しにしてしまいがちな掃除。とりあえずさっと掃除機をかけているから大丈夫……と思っていませんか?私の掃除のやり方って本当にあっているの?

意外と知らないお掃除のコツについて、清掃用品のレンタルや販売、ハウスクリーニング事業を行うダスキンの広報担当、古屋洋さんにお話を伺いました。

ダスキンの古屋さん

部屋干しすると…ちょっとにおう

——前回は寝室のお掃除についてお話を伺いましたが、夏場は部屋のにおいも気になります。とくに梅雨時期は洗濯物の部屋干しが増えるせいだと思います。私の場合、基本的に年中室内干しですが、この時期は部屋も洗濯物もくさいと感じることが増えます。

古屋洋さん(以後、古屋):一人暮らしや日中お仕事をされている方は、どうしても部屋干しになってしまいますよね。最近の住宅は密閉性が高いので、よけいににおいがこもりがちです。

——あの独特のにおい、なんとかなりませんかね?

古屋:洗濯物を匂わせないようにするポイントは次の5つです。

■部屋干しの5つのポイント
1. しっかり除菌
2. 洗う前の洗濯物は洗濯カゴに
3. 干し方を工夫(アーチ干し)
4. グッズを上手に利用
5. 洗濯機のクリーニング

——5つもあるんですか?

古屋: 5つといっても、3つはいつもやっている洗濯のやり方を変えるだけですし、1つは年に数回の作業です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.