くらし情報『「嫉妬される人間だと自覚したほうがいい」友人に指摘されてハッとしたこと』

2019年7月21日 20:45

「嫉妬される人間だと自覚したほうがいい」友人に指摘されてハッとしたこと

田中:努力より結果のほうが目につきやすいですから、人と比べると焦る気持ちが出てきますよね。でも最終的には、自分で納得するのが一番気持ちいいと思うんですよ。私は最近、自分の本心にスポットを当てて「ちゃんと納得できているかどうか」に注目するようになりました。

——自分の本心……。どうすれば見えるようになりますか?

田中:人の心は何層にもレイヤーが重なってできている、と思うんです。例えば「英語を勉強したい、でも時間がない」と思ったとき、その気持ちを一枚ずつめくっていくと、「新しいスキルを身に付けたい」「成長したい」「習い事ができる余裕がほしい」とかっていう表層部とは違う気持ちが少しずつ見えてきます。

それを一枚ずつめくっていくと必ず本心が出てくるんです。そうして見つけた気持ちを、誰よりも自分が信じて大切にしてあげる。一人ひとりが「本当は何がしたいのか」「どんな理想を持っているのか」と自分と向き合って、信頼できる人たちと語り合えたら、自分の周囲だけでもいい空気に変わっていきそうですよね。

(取材・編集:ウートピ編集部 安次富陽子、文:華井由利奈、撮影:大澤妹)

■田中慶子さんの著書
『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(KADOKAWA)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.