くらし情報『世界中にスタバがあるのはラクだけど…職場に苦手な人がいるのも多様性』

2019年8月2日 21:01

世界中にスタバがあるのはラクだけど…職場に苦手な人がいるのも多様性

目次

・「私が私で生きていいよ」が多様性
・世界中にスタバがあるのは「楽」だけど…
・職場や学校の人間関係も「多様性」
世界中にスタバがあるのはラクだけど…職場に苦手な人がいるのも多様性

イギリス在住の保育士でライター・コラムニストとして活躍するブレイディみかこさんによるノンフィクション『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)が6月に発売され、発売1カ月で累計3万6000部を突破*しました。
*2019年7月24日現在。

本のタイトルにもなっている「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」は、イギリス南部の都市・ブライトンに暮らす、日本人の母(みかこさん)とアイルランド人の父の間に生まれた「ぼく」がノートに書いた言葉。

名門小学校に通っていたものの、元・底辺中学校に進学した「ぼく」が、貧困や格差が絡み合った複雑な人間関係や自らのアイデンティティについて悩んだり迷ったりしながらも軽やかに壁や分断を乗り越え、成長していく姿がテンポ良く描かれています。

ブレイディさんに3回にわたって話を聞きました。

【第1回】子供の「節操のなさ」を見習いたい
【第2回】「いじめられる非があるから」とみんなが思った途端、正義が暴走する…

「私が私で生きていいよ」が多様性

——「多様性」もテーマの一つだと思います。里帰りのエピソードで、「YOUは何しに日本へ?」と息子さんにしつこく聞いてくるおじさんの話がありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.