くらし情報『歯科医院で歯石を取る…健康保険適用の「クリーニング」とは【歯科医が教える】』

2019年7月31日 21:45

歯科医院で歯石を取る…健康保険適用の「クリーニング」とは【歯科医が教える】

目次

・「クリーニング」と「ホワイトニング」は別の施術
・クリーニングには健康保険適用と自由診療がある
・歯科医院で健康保険適用の「クリーニング」の方法
・クリーニングで歯の汚れもある程度は取れる
・定期検診の際や、むし歯の治療後に受ける
歯科医院で歯石を取る…健康保険適用の「クリーニング」とは【歯科医が教える】

これまで、歯の黄ばみの原因は食品中のポリフェノールと唾液中のタンパク質がくっついて汚れが付着すること、また、セルフケアの方法や、ホワイトニングのためと言えども歯の健康のために常用は避けたいグッズとその理由などをご紹介しました。

今回は、歯医者が苦手な人にはあまり知られていないかも(!?)という、歯科医院で受けられる「クリーニング」について、ひき続き、歯科医師で口腔衛生がご専門の江上歯科(大阪市北区)の江上一郎院長に聞いてみました。

【第1回】歯の黄ばみは唾液の力で防ぐ…自分でケアする方法
【第2回】歯の黄ばみケアに…歯科医が教える使ってはいけないグッズとは

「クリーニング」と「ホワイトニング」は別の施術

歯科医院で歯の汚れをケアする方法として、「クリーニング」と「ホワイトニング」があると耳にしますが、どう違うのか、混乱する人は多いと思います。江上医師はまず、次のように整理して説明します。

「まず、歯や歯ぐきの『クリーニング』と、歯の『ホワイトニング』は、それぞれ目的が違う別の施術です。

クリーニングはその名のとおり、歯の歯石を取り除いたり、口の中を掃除したりする方法です。クリーニングにもまた、目的が治療の場合と、美容の場合があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.