くらし情報『熱中症は自宅で起きている…内科医が答える傾向と対策』

2019年8月6日 20:45

熱中症は自宅で起きている…内科医が答える傾向と対策

目次

・高層階、角部屋、朝食前の掃除で救急車に
・キッチンで長時間の調理、プレ更年期
・室温と湿度を快適にキープし、経口補水液や保冷剤を備える
熱中症は自宅で起きている…内科医が答える傾向と対策

熱中症と言えば、夏の暑い日に屋外でのスポーツ時や仕事の作業時に発症するというイメージがあります。しかし実は、救急車の要請があった数では、発生場所として「住居(敷地内含む)」の割合が例年約40~50%にのぼり、道路や交通施設、公園、会社などに比べてもっとも多いと報告されています。

内科医で泉岡(いずおか)医院(大阪市都島区)の泉岡利於(としお)院長は、「救急車による搬送の数だけではなく、医療の現場では近ごろ、『自宅熱中症』と呼ばれるほど、患者さんの数は高まっています」と話します。そこでその原因や注意、予防のポイントについて、詳しく尋ねてみました。

高層階、角部屋、朝食前の掃除で救急車に

泉岡医師ははじめに、「熱中症の症状は意外にも、自宅にいるときに急に襲ってくることがあります」と話します。ひとり暮らしで重症になったら……想像すると恐ろしいですが、筆者が取材した知人の「自宅熱中症」の体験談を2例、ご紹介しながら、泉岡医師にアドバイスをしてもらいましょう。

Aさん28歳会社員の体験談
休日に部屋の掃除をしていて、蒸し暑いなあと思っていたら、突然に頭をがつんとぶつけたような痛みがあり(ぶつけていない)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.