くらし情報『暑いのに足とおなかが冷たい…「夏の冷え」の原因と対策【臨床内科専門医に聞く】』

2019年8月9日 20:55

暑いのに足とおなかが冷たい…「夏の冷え」の原因と対策【臨床内科専門医に聞く】

目次

・低い温度設定の冷房に長時間身を置くことが原因
・室内外の気温差に自律神経が対応しきれずに疲れる
・すぐにできる夏の冷えケア「頭寒足熱+おなか」を守る
暑いのに足とおなかが冷たい…「夏の冷え」の原因と対策【臨床内科専門医に聞く】

夏のかんかん照りが続くころは暑さ対策ばかりに気持ちが行きがちですが、女性の不調に詳しい臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長によると、「実のところ、女性の夏の疲れの悩みとして多いのは、夏バテとともに、『夏の冷え』が挙げられます」ということです。思いあたる女性は多いのではないでしょうか。そこで、夏の冷えの原因と対策について、尋ねてみました。

低い温度設定の冷房に長時間身を置くことが原因

はじめに正木医師は、夏の冷えの原因について次のように指摘します。

「もっとも多いのは、自分で温度設定が調整できない冷房の効いた空間に長時間、身を置くことです。オフィスや通勤電車、街のショッピングセンターやスーパー、レストランでは、利用者に暑いと思われないために、低めに温度設定をしています。短時間なら快適に思う場所でも、長時間の滞在では、足からじわじわと冷えてきます。とくに毎日長時間を過ごすオフィスでは、冷えて当然だと想定しておきましょう。

次に、冷たいドリンクや食事です。熱中症対策として冷たいスポーツドリンクを適量飲むのは推奨されますが、朝から晩までいつも冷たいドリンク、冷たい麺類などの食事ばかりを食べていると、内臓が冷えます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.